Menu

保険外診療

Home

保険外診療について

自分の歯に何を入れたら良いのか?

例えば同じ前歯でも通う「歯科医院」、歯を作る「歯科技工士」によってその品質は大きく異なります。

武者歯科医院では、口の中にセットする歯科技工物を、院内で製作しておりますので、より良い物をより早く確実に、患者さんに提供することができます。

むし歯になってしまい、「つめもの」や「入れ歯」などをしなければならなくなった場合でも、使う材料、技術、治療方法などをきちんと知らせ、患者さんの個々の事情に合ったものを提供することができます。

※保険診療は、治療方法や使用材料に制約があります。
患者さんのお口の状態に合った物を提供できるとは限りません。
※自由診療では、患者さんのお口の状態に合った物を提供できます。

前歯の種類

メタルボンド(保険外)

メタルボンド(保険外)

・一般的な前歯システム
・金属の冠を作り、その上にせとものを焼き付けたもの
・ほとんど症例(条件)を選ばない

【長所】
・色合わせが得意
武者歯科医院では、歯科技工士が直接色合わせをします。
・変色しない

【短所】
・比較的高価
・本物の歯より硬い

エステニア(保険外)

エステニア(保険外)

・新しく開発された前歯システム
・金属の冠を作り、その上にせとものとプラスチックの混ざった物を焼き付けたもの
・ほとんど症例(条件)を選ばない

【長所】
・硬さが本物の歯に近い
・変色しにくい
・メタルボンドに比べ、製作コストが安い

【短所】
・メタルボンドに比べると多少耐久性が劣る

奥歯の種類

メタルボンド(保険外)

奥歯 メタルボンド(保険外)

・金属の冠を作り、その上にせとものを焼き付けたもの
・ほとんど症例(条件)を選ばない

【長所】
・色合わせが得意
 武者歯科医院では、歯科技工士が直接色合わせをします。
・変色しない

【短所】
・比較的高価
・本物の歯より硬い

エステニア(保険外)

奥歯 エステニア(保険外)

・金属の冠を作り、その上にせとものとプラスチックの混ざった物を焼き付けたもの
・ほとんど症例(条件)を選ばない

【長所】
・硬さが本物の歯に近い
・変色しにくい
・メタルボンドに比べ、製作コストが安い

【短所】
・メタルボンドに比べると多少耐久性が劣る

歯は、「肩こり」「めまい」など全身疾患に影響することもあります。
良い材料ほど「歯」と似た性質を持ち、上下にある自分の歯を痛めません!

入れ歯の種類

金属床義歯

金属床義歯

1、コバルトクロム床義歯(保険外)
●コバルトクロム合金を使用した金属床義歯
●レジン床義歯に比べ厚みが1/3程度で作れる

2、チタン床義歯(保険外)
●チタン合金を使用した金属床義歯
●レジン床義歯に比べ厚さが1/3、コバルトクロム床義歯に比べ軽く作れる

【長所】
・厚みが小さいため装着感が非常に良い
・熱を通すため食感が良い
・ほとんど破折しない
・レジン床義歯に比べると、入れ歯特有のニオイが抑えられる

【短所】
・製作コストが高い
・製作に高い技術を要する
武者歯科医院の場合は、専属の歯科技工士が口の中で確認しながら製作します。

金属床はここが違う!「薄さ」と「温度感知」。

金属床は、ここが違う!薄さがだんぜん!
発音や味覚に大きく影響する口蓋部(口腔の上壁)の厚さが、プラスチック床の約1/3。
だから、舌がなめらかに回転でき、違和感も少なく、自然に近い発声ができます。

温度感知も敏感で、お口の粘膜になじむコバルトクロム合金を使用していますので熱伝導に優れています。
だから、食べ物の美味しさのひとつ「温かさ・冷たさ」をプラスチック床よりも感じることができます。
入れ歯こそ、材料を選んで、心地良く。

軽くて薄い、強度に優れた新素材 ノンメタルクラスプデンチャー

軽くて薄い、強度に優れた新素材 ノンメタルクラスプデンチャー

●他の義歯の床用材料と比較して、弾力性・強度に優れており、軽く・薄くすることが可能です。

●パーシャルデンチャーでもクラスプを必要としないため目立たず、金属アレルギーの心配もありません。

●バルプラストの成分「スーパーポリアミド」は、FDA(米国食品医薬品局)およびEU諸国で認可され、有用性と安全性が確認されています。

無料送迎サービスを行っております。